横浜で持ち家の外構工事!賃貸派は羨ましくなります

外構工事でおしゃれに変身した横浜の住宅、賃貸派からすると羨ましく感じてしまうところです。
そもそも賃貸派の場合、外構工事という選択肢すら持てないという辛さがあります。
所詮は借りている住まいですので、もし不満があったり飽きてしまったりした時には、基本的には引越しという選択肢です。
ある意味、引越しで簡単に環境を変えられるのはメリットではあるものの、引越しが必須になるという面倒臭さを回避できないのは辛いところでしょう。

持ち家だからこその自由度

持ち家の魅力について考えた時、大きな割合を占めると言えるのが高い自由度でしょう。
自分自身が所有する住まいなわけですので、好き放題に手を加えていくことができます。
外構工事はもちろんですが、内装を一新したり間取りを大胆に変更したりすることも可能です。
暮らす人の希望を直に反映させられますので、正に理想的な我が家として暮らすことができるのです。

コストの問題もありますから好き放題というわけにはいかないのが辛いところではあるものの、じっくりと手を加えていけることで、育てていく楽しさのようなものを感じられるかもしれません。
自由度があるというだけでも持ち家は魅力的ですが、そればかりが魅力なわけではないのが、さらに羨ましいところです。
例えば資産として子供に残すことができる、家賃が掛からない、賃貸のように生活音に神経質にならずに済むなどの魅力も詰まっています。
良いところが沢山ある中での自由度の高さですので、賃貸派からすれば憧れるところもあるはずです。

賃貸でもできるリフォームは?

一方の賃貸で住んでいる場合は基本的にリフォームが難しいです。自己所有の物件ではなく、借りている物件ゆえに勝手に手を加えることができません。
ただ、全くリフォームができないのかというと、そうでもないです。
業者に頼んで大胆に工事をする、ということはさすがに難しいものの、DIY程度の内容ならできる可能性があります。
例えば壁紙を変更するのがそのひとつです。
剥がせる壁紙なるものもあり、元の状態を傷付けることなくトライすることが可能です。
壁紙が変わるだけで部屋の雰囲気は違ったものになりますから、リフォーム効果も実感しやすいでしょう。
釘を打つのもできなくはないリフォームです。
穴を開けた場合は原状回復の義務があり、退去する際に元に戻す必要がありますが、その覚悟の上でやってしまうことも可能と言えます。
例えばテレビを壁に付けてみたり、棚を付けて収納を増やしたりといったこともできるため、リフォームの幅も広がるはずです。とは言え選択肢は限られるため、いずれにせよ自由度はあまり高いとは言えません。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト