子役オーディションの練習は賃貸住宅でもできる?

賃貸住まいですと色々と制限を感じてしまうところもあるものですが、例えば子役オーディションの練習について躊躇しまうこともあるかもしれません。
発声練習や動きのシミュレーションなど、音が伴う練習の場合、周りの部屋に対して迷惑になってしまうかも、と気になるところではないでしょうか。
とは言え、子供のためにも練習をさせてあげたいというのが親心ですよね。
子供時代は今だけですから存分に謳歌させてあげられた方が親としても嬉しく感じるところです。

持ち家に越したことはない

まず言いたいのが、基本的には持ち家の方が良いということです。
一戸建てなら独立していることで音が隣近所にも伝わりにくいですし、分譲マンションにしても防音性がある程度しっかりしているはずですので、窓を開けて叫んだり、好き放題にドスドスしたりすることがなければそれほど響くことは少ないです。
一方の賃貸の場合、ベースの防音性が高くない造りのことが多いです。
比較的防音性が高いとされる鉄筋鉄骨マンションでも、所詮は賃貸レベルなところもあるため、あまり激しく練習をすると響いてしまう恐れがあります。
当然、音が響きやすい鉄骨や木造などですと、余計に音のレベルは大きくなってしまうため、無配慮にやりたい放題をやってしまうと近隣からクレームが入ってくる可能性も否定できません。
音の漏れやすさを踏まえると、やはり持ち家にアドバンテージがあると言えそうです。
一戸建てや分譲マンションなどなら自由な練習をしやすくなりますので、オーディションにも本腰を入れられるでしょう。
とは言え住まいの問題は簡単に変更できませんから苦労するところです。

賃貸でも時間帯を工夫すればOK

では賃貸では全く練習ができないのか、というとそうでもありません。
工夫を講じればそれなりの練習をすることはできるはずです。
例えば時間帯を工夫してみるのが良いでしょう。
時間帯としては基本的に日中がおすすめと言えます。
仕事で留守にしている世帯が増えたり、日中の音ならそれほど気になりにくかったりと、迷惑になり辛いタイミングです。
もちろんそれはこちらの考えであって、夜勤で昼間は寝ている人もいれば、日中でも音に敏感な人はいるでしょう。
ですから勝手な思い込みでうるさくしても良いというわけではなく、ある程度の配慮は必須です。
昼間以外は止めておいた方が良いのか気になるところですが、朝方や夜間は控えるのが無難と言えそうです。
逆の立場になって考えると、朝から子供の声が響いてきたり、夜にドスドスとやられたらたまったものではありませんよね。
時間が制限されると辛いものの、それが賃貸の宿命ですので、できる範囲での取り組みに留めた方が良さそうです。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト