賃貸でも持ち家でも!千葉市の住宅点検・リフォームのすすめ

住宅は、時間の経過とともに味わいが出てきて価値が上がるといったことはあまりありません。
少なくとも日本の住宅は、時間の経過が進むほど価値が下がってくる傾向にあります。
この点アメリカの場合には、西洋風の建築物ですので時間の経過とともに味わいが出てきて価格が高くなることも珍しくありません。
この場合、日本では定期的にリフォームをすることが必要になるでしょう。
ただし、持ち家だけでなく賃貸の場合には少し注意が必要なところがあります。

数年前に話題になった千葉の液状化現象

賃貸住宅や一戸建て住宅などの持ち家の場合には、定期的な点検やリフォームをしないと住宅の価値が下がってしまう可能性が出てくるでしょう。
例えば、千葉市の液状化現象などがおこりましたがこのようなことが起こると床下に水がたまってしまう可能性が出てきてやがて大きく劣化してしまう蓋然性があります。
そのシグナルは、床を歩いた時にぎしぎしと音をたて出したり色は変色してカビが生えたような色になっていることです。
このような現象が起きた場合にはすでにかなり悪くなっている可能性がありますのですぐにリフォームをした方がよいです。
なぜ床下に問題があるかといえば、白アリが発生する可能性があるからです。
白アリは、六月ごろに大量発生し夏に向けて活動が盛んになります。
特に木造住宅の場合は床下からやられてしまいますので、点検を必要とするところです。
壁などに、おしりが肌色の羽ありがたくさんついていた場合には白アリが発生している可能性があるでしょう。

住宅の状態を確認しておくことが重要

住宅の状態を確認しておくことは、持ち家でも賃貸住宅でも関係ありません。
賃貸住宅の場合には、終了する時の費用は借り主に負担がかかりませんが、それでも修理をしている間は業者が立ち入りしますので多少生活しにくくなるでしょう。
しかも、早めに見つけなければ修理に時間がかかってくるため自分たちの自由な時間が奪われてしまう可能性があります。
いくら自宅と雖も、業者の人がいるのに裸になってテレビを見たりすることはできません。
女性だったら、お菓子を食べながらまたを開いてテレビを見たりすることができないでしょう。
このように考えると、持ち家であっても賃貸住宅であっても早めの修理が必要になります。
持ち家の場合には、床下のリフォームなどを行えば30万円ぐらいかかりますが15年から20年に一度ぐらいフローリングや畳などを取り換えてきれいにしておくことも重要です。
つまり、住宅は手に入れたからおしまいではなく、暮らしやすいように定期的にお金をかけることが大事になりますので資金計画はしっかりしておきましょう。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト