キューバツアーに行く人は持ち家派と賃貸派のどちらが多いか?

今は、海外の情報がインターネットで簡単に得られる時代です。
海外に行ってそれなりのカルチャーショックを受けるためには、
少し珍しい国に出かけることが必要です。
日本から遠く離れたキューバは、日本人にとって馴染みの少ない国の1つですが、
キューバツアーに行く人は、持ち家派と賃貸派のどちらが多いのでしょうか?
キューバと言えば、住居や食べ物が国から支給される社会主義国家です。
表向きは、個人が仕事によって財産を築き上げることはできないことになっているので、
コツコツと貯金をしてマイホームを持つことにメリットを感じている人には、
真逆の価値観が定着している国と言えます。
よって、ちょっとした刺激やカルチャーショックを求めてキューバに行く人は、
持ち家派が多いと言えそうです。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト