横浜で持ち家の外構工事!賃貸派は羨ましくなります

外構工事でおしゃれに変身した横浜の住宅、賃貸派からすると羨ましく感じてしまうところです。
そもそも賃貸派の場合、外構工事という選択肢すら持てないという辛さがあります。
所詮は借りている住まいですので、もし不満があったり飽きてしまったりした時には、基本的には引越しという選択肢です。
ある意味、引越しで簡単に環境を変えられるのはメリットではあるものの、引越しが必須になるという面倒臭さを回避できないのは辛いところでしょう。

持ち家だからこその自由度

持ち家の魅力について考えた時、大きな割合を占めると言えるのが高い自由度でしょう。
自分自身が所有する住まいなわけですので、好き放題に手を加えていくことができます。
外構工事はもちろんですが、内装を一新したり間取りを大胆に変更したりすることも可能です。
暮らす人の希望を直に反映させられますので、正に理想的な我が家として暮らすことができるのです。

コストの問題もありますから好き放題というわけにはいかないのが辛いところではあるものの、じっくりと手を加えていけることで、育てていく楽しさのようなものを感じられるかもしれません。
自由度があるというだけでも持ち家は魅力的ですが、そればかりが魅力なわけではないのが、さらに羨ましいところです。
例えば資産として子供に残すことができる、家賃が掛からない、賃貸のように生活音に神経質にならずに済むなどの魅力も詰まっています。
良いところが沢山ある中での自由度の高さですので、賃貸派からすれば憧れるところもあるはずです。

賃貸でもできるリフォームは?

一方の賃貸で住んでいる場合は基本的にリフォームが難しいです。自己所有の物件ではなく、借りている物件ゆえに勝手に手を加えることができません。
ただ、全くリフォームができないのかというと、そうでもないです。
業者に頼んで大胆に工事をする、ということはさすがに難しいものの、DIY程度の内容ならできる可能性があります。
例えば壁紙を変更するのがそのひとつです。
剥がせる壁紙なるものもあり、元の状態を傷付けることなくトライすることが可能です。
壁紙が変わるだけで部屋の雰囲気は違ったものになりますから、リフォーム効果も実感しやすいでしょう。
釘を打つのもできなくはないリフォームです。
穴を開けた場合は原状回復の義務があり、退去する際に元に戻す必要がありますが、その覚悟の上でやってしまうことも可能と言えます。
例えばテレビを壁に付けてみたり、棚を付けて収納を増やしたりといったこともできるため、リフォームの幅も広がるはずです。とは言え選択肢は限られるため、いずれにせよ自由度はあまり高いとは言えません。

子役オーディションの練習は賃貸住宅でもできる?

賃貸住まいですと色々と制限を感じてしまうところもあるものですが、例えば子役オーディションの練習について躊躇しまうこともあるかもしれません。
発声練習や動きのシミュレーションなど、音が伴う練習の場合、周りの部屋に対して迷惑になってしまうかも、と気になるところではないでしょうか。
とは言え、子供のためにも練習をさせてあげたいというのが親心ですよね。
子供時代は今だけですから存分に謳歌させてあげられた方が親としても嬉しく感じるところです。

持ち家に越したことはない

まず言いたいのが、基本的には持ち家の方が良いということです。
一戸建てなら独立していることで音が隣近所にも伝わりにくいですし、分譲マンションにしても防音性がある程度しっかりしているはずですので、窓を開けて叫んだり、好き放題にドスドスしたりすることがなければそれほど響くことは少ないです。
一方の賃貸の場合、ベースの防音性が高くない造りのことが多いです。
比較的防音性が高いとされる鉄筋鉄骨マンションでも、所詮は賃貸レベルなところもあるため、あまり激しく練習をすると響いてしまう恐れがあります。
当然、音が響きやすい鉄骨や木造などですと、余計に音のレベルは大きくなってしまうため、無配慮にやりたい放題をやってしまうと近隣からクレームが入ってくる可能性も否定できません。
音の漏れやすさを踏まえると、やはり持ち家にアドバンテージがあると言えそうです。
一戸建てや分譲マンションなどなら自由な練習をしやすくなりますので、オーディションにも本腰を入れられるでしょう。
とは言え住まいの問題は簡単に変更できませんから苦労するところです。

賃貸でも時間帯を工夫すればOK

では賃貸では全く練習ができないのか、というとそうでもありません。
工夫を講じればそれなりの練習をすることはできるはずです。
例えば時間帯を工夫してみるのが良いでしょう。
時間帯としては基本的に日中がおすすめと言えます。
仕事で留守にしている世帯が増えたり、日中の音ならそれほど気になりにくかったりと、迷惑になり辛いタイミングです。
もちろんそれはこちらの考えであって、夜勤で昼間は寝ている人もいれば、日中でも音に敏感な人はいるでしょう。
ですから勝手な思い込みでうるさくしても良いというわけではなく、ある程度の配慮は必須です。
昼間以外は止めておいた方が良いのか気になるところですが、朝方や夜間は控えるのが無難と言えそうです。
逆の立場になって考えると、朝から子供の声が響いてきたり、夜にドスドスとやられたらたまったものではありませんよね。
時間が制限されると辛いものの、それが賃貸の宿命ですので、できる範囲での取り組みに留めた方が良さそうです。

レンタルデート感覚で一日お部屋賃貸ができればいい

賃貸物件を探す場合には、昔のように1年契約のところは少なくなってきておりもう少し短期間の契約のところが増えています。
なぜそのようになったかといえば、部屋を利用する人が短期間の利用を希望しているからです。
確かに昔も、短期間の利用を行いたいと考えている人がいたかもしれませんが、そのような会社が少なく実際に要望をかなえることができないことが多かったわけです。
そこで、レンタルデートのように短期間借りることができる部屋を見ていきましょう。

人の家で過ごす非日常を提供

1日の賃貸は、人の部屋を借りることになる場面もあります。
例えば、空き家があった場合に1日だけそこに住むことができることも少なくありません。
事前に契約をしなければなりませんので、あらかじめ予定を決めておく必要がありますがそれでも1日だけ普段と違ったような生活をすることができるのは非常に魅力的といえます。
その一方で、彼女とデートをする場合や彼氏とデートする場合単なるラブホテルに泊まるのではなくそのような住宅を1日だけ借りてゆったりと過ごすのもよいでしょう。
ラブホテルはそれなりにしっかりとしたつくりになっており顧客のサービスに答えるようにできている点は評価されますが、だからといって生活感を犠牲にしている部分があります。
そこで、彼女と将来結婚するかどうかは別にしても、将来的な生活感を味わうには非常に良い場所と言えます。
良くも悪くも、お互い違った面を見ることができ本当に相性の良いカップルは将来的な計画を立てることができるかもしれません。

レンタルデートの発展形として流行らないだろうか

このような住宅は、旅行客だけでなく一般客にも利用される傾向があります。
レンタルデートとして知らない人と利用してみるのもよいですが、しっかりとした実績があるところを利用するべきです。
民間で行っているところもありますので、そのようなときには盗聴器や盗撮がされる可能性があるからです。
信頼できるところは、しっかりとした調査を行っており、プライバシーの侵害にならないような配慮がされているのがポイントです。
とはいえ、もちろんその業者の評判や口コミなどを確認しておかなければいくら有名なところでもハプニングが起こる可能性も少なくありません。
レンタルデートの発展形としてはやらせるためには、ある程度知名度が高いことも重要ですが、やはり信頼が大事といえます。
このように考えると、ありアダプターを大事にしてそこから口コミを広める必要があると考えられるでしょう。
また、雑誌やニュースなどに取り上げてもらえば、さらにその知名度が大きくなり実際に今まで関心がなかった人でも一晩だけなら利用してみたいと考える人も出てくるかもしれません。